• 予備校塾 仙台文理

医学部受験 / 中学生

最終更新: 4月27日



医学部受験のための勉強法まとめ

中学生編


中学生のうちから医学部合格に向けた勉強を行なうことは、 大きなスタートダッシュになります。着実に学習を重ねることで、 医学部受験までに余裕が生まれます。「医学部受験を突破するための戦略」には 医学部合格に必要な戦略が必要です。

高校受験はゴールではありません。










「医学部に特化した学校選びと勉強」を !

中高一貫校は高校受験対策が必要ありませんので、大学受験に向かって長期的な計画を立てられます。中学3年で高1の授業内容が始まりますので、入試まで無理なく確実に基礎力をつけることができます。高いレベルまで学力を高めると、部活との両立も可能です。しかも勉強の習慣が早くから身につき学校の勉強も効率が上がります。

一貫校でない中学生なら、できるだけ難関の進学校に進学するのが近道です。医学部受験は高い学力が求められます。進学校に進むことで受験までに学力を強化できますし、進学校は医学部合格実績も高い傾向があります。医学部合格実績の高い高校に入ることを目標にしましょう。



「学校の進度より先取りした学習が可能です」

塾では生徒一人ひとりに個別の課題作成を行っており、勉強習慣が身につきながら学校の未履修の内容でも無理なく確実に習得できますので、ライバルより圧倒的に有利な状況で受験学年を迎えることが可能です。


「自己管理能力と学力」

医学部を狙う上で、自己管理能力は必須です。

中学から勉強を開始し勉強を積み重ねていく中で、効率の良い勉強法や暗記のコツが身につき、部活と学校の定期テストとの両立も可能となり、トップレベルの学力となる事が期待できます。

さらに「あの医学部に入りたい」という目標校を絞って受験対策を取れば、より無駄なく勉強ができ、学習習慣が身につく中で自己管理能力も鍛えられていきます。



**いつでも質問・相談が可能****

 問題集や過去問で解らない問題に関しては、メールや対面での対応以外に解説集や追加教材のアドバイスも行っていますので、確実に習得できる環境となっています。 必要に応じて個別指導を行い細部まで指導しています。

活動で心身を鍛えながら、中学生として大学受験に必要な学力を養います。学校の課題が多すぎてフォローは必要な方には、完全1対1の個人指導が最適です。個人指導ですので、曜日・時間・希望する内容等対応が可能で、学習効果を最大化できます。



仙台文理 TOPページに戻る



22回の閲覧

©︎Sendai Bunri