よくある質問

仙台文理について

生徒の理解度はどのようにして確認しますか。


少人数グループ指導の利点を活かし、授業中に先生が生徒に指名して確認をしていきます。また、演習しながら各生徒のわからないところを解消していきます。小テスト、定期試験対策時の問題演習など、理解度を総合的に見ていますのでご心配はいりません。さらに理解度アップが必要な生徒は授業後に個別にフォローを行なっています。




模擬テストの成績が低くて心配です。(高校受験)


模擬テストは学校の定期テストと比べて高いレベルの問題が出ます。新みやぎ模試は公立高校入試の傾向に沿った内容ですので、本番の入試慣れにも最適です。また、生徒には二者面談にて結果を見ながらアドバイスをしていきます。




塾での様子が知りたいのですが。


必要と思われる生徒には担任が学習報告書にメッセージを添え、定期的にご家庭に送付します。また、年に定期的に保護者懇談会を実施しています。随時の面談も可能ですので、ご希望の方はご相談ください。




おとなしい子なので質問ができるか心配です。


授業中でも、先生と生徒の間で指名と回答が繰り返されます。自然と授業に慣れ、質問できるようになります。授業前後は生徒たちと楽しく話したり、生徒たちから質問攻めに合うこともよくあります。また、入学時の面談でお話しいただければ、こちらから声をかけていきます。




予習や復習をしなければいけませんか。(高校生/中学生)


学校の先取り授業を行っていますので、予習は必要ありません。 当日習った内容を宿題として復習してもらいます。間違った問題は復習ノートを作りまとめておくことを指導いたします。




部活動との両立が心配です。


ほとんどの方が部活動を行っています。週3回で5科目が学べ、時間帯も7時以降に開始しています。また、個別指導にて部活と学習の両立方法の相談を受けながら生徒に合ったカリキュラムを作ることが出来ます。




必修の授業のうち片方だけでも参加できますか。(中学生)


宮城県の入試内容から考えると数学・英語はぜひ必修でご受講ください。また、どうしても諸事情で受講できない場合は必修1教科からの受講は可能ですので、ご相談下さい。




高校生の受験対策はどうなっていますか。


今年も多くの大学合格者を出すことができました。現役合格を支えるカリキュラムは、高1からスタートします。
高1・高2では英語・数学を希望により高校別クラスで実施。高3では志望校別クラスにて指導。3年間の大学現役合格を見据えたカリキュラムで指導していきます。





授業について

今後の学習スケジュールや志望校選びなどについて相談できますか?


どの生徒も1学期に最低1度は進路やその他について確認や指導をしています。進路指導の先生も教科の先生も経験豊富ですので、最適な情報を提供し、本これまでのことを熟考した目標をアドバイスします。また、目標達成のための学習法や学習スケジュールの立て方、自習の仕方などもアドバイスします。




授業はどのように進みますか?


指導の方針やテキストが決まりますと、攻略すべき単元や内容を明示し、受講生が納得できるレベルで順次説明します。授業時間は1回70分ですが、説明のスピードや内容は受講生の学力や受験までの期間や求められる学力によって千差万別です。さらに、今日の授業箇所の復習と次回の課題を明示し、適宜テストを実施して知識の定着度や努力度を確認しながら進み具合を記録していますので、必要な時はお尋ね下さい。
また、学校のカリキュラム・教材に合わせた授業も行うことができますので、志望学部・学科への内部進学に必要な、高校での継続的な成績向上・維持が可能です。




弱点克服に適した教材選択のアドバイスしてくれますか?


弱点も克服方法も十人十色です。最近は、画像や音声による解説と「確認テストシステム」など効率をよくするための手段方法がたくさんありますが、最も大事なことはその手段方法が本人に適しているかどうかです。仙台文理では、画一的ではなく一人ひとり細目に対応しておりますので、適切なアドバイスとなります。




宿題はでますか?


学習内容の定着、成績の向上には家庭学習も不可欠ですので課題・宿題は出ます。当予備校で教えることができるのは、必要とする知識全体の数%しかできません。いわば氷山の一角でしかありません。しかも、理解するまでで本人が記憶しておかなければなりませんので、繰り返し復習することが必須です。




自習室はいつでも使えますか?


年に3回(年末年始・5月Gウィーク・お盆休み)以外は原則毎日使用できます。時間帯は8:30–20:30までです。但し、祝祭日や土・日などは、都合により早く閉館することがありますので、事前に確認して下さい。家ではなかなか集中できない時は自習室を上手く利用することができます。




先日ある予備校のテキストを見せてもらいましたが、どの大学を受験する人も同じテキストでしたが、全ての大学に通用するんでしょうか?疑問ですがどうなんでしょうか?


入試問題は大学によって独自の傾向や癖があるので、当予備校ではどの志望校に対しても同じテキストを使うということはやっていません。生徒一人ひとりの志望大学の出題傾向対策をしながら、随時適切なテキストを使っています。




数年前からある予備校で大々的にPRしているキャッチフレーズに自分のペースで始められる“○○段階個別指導”とPRしていますが、英語でも数学でもそんなに段階を分けることが可能でしょうか。


分けようと思えばできますが、ボリュームが多くなり必要のないことまでやらなくてはならなくなりますので非効率になります。




他の少人数制予備校との違いは何ですか。ポイントを教えてください。


授業とテストはセットという考え方から、テストや復習テストで記憶の定着度を確認しながら年間の授業を進めていきます。必要な場合は、同じような問題を数回講義し、改めてチェックテストを実施しながら合格点が取れるまで数回行われることもあります。少人数ですので当然、生徒の顔を見て理解しているかどうかを確認しながら授業を進め、一人ひとりの志望大学も理解した上で面倒を見られることは大きなメリットの一つです。ポイントは少人数制でも、学力別であることです。




予備校選びについて、どのようなところが自分に一番あっているかを相談したら先生は「どこの予備校も同じだ。」と言われました。そのときは納得しましたが、いまひとつスッキリしません。今年のセンターの得点は515/900点で得点率57%でした。(英数国が50%前後の得点)


初めに先生が「どこの予備校も同じ。」と言った意味は、どこの予備校にいっても勉強は自分でしなければならないので「どこの予備校も同じ。」と理解するのが自然です。

 センターで得点率60%位の生徒なら難関大学を目指してもよいと思いますが、どの予備校でも10ケ月間程度で平均偏差値10アップできれば浪人した甲斐があったと理解すべきでしょう。偏差値60以上の難関大学の場合は、今年ぎりぎりで不合格になった受験生は、頑張れば合格ラインに達するでしょう。難易度が上位の大学になればなるほど、僅差の勝負になります。





学習システムなどについて

今後の学習スケジュールや志望校選びなどについて相談できますか?


どの生徒も1学期に最低1度は進路やその他について確認や指導をしています。進路指導の先生も教科の先生も経験豊富ですので、最適な情報を提供し、本これまでのことを熟考した目標をアドバイスします。また、目標達成のための学習法や学習スケジュールの立て方、自習の仕方などもアドバイスします。




授業はどのように進みますか?


指導の方針やテキストが決まりますと、攻略すべき単元や内容を明示し、受講生が納得できるレベルで順次説明します。授業時間は1回70分ですが、説明のスピードや内容は受講生の学力や受験までの期間や求められる学力によって千差万別です。さらに、今日の授業箇所の復習と次回の課題を明示し、適宜テストを実施して知識の定着度や努力度を確認しながら進み具合を記録していますので、必要な時はお尋ね下さい。
また、学校のカリキュラム・教材に合わせた授業も行うことができますので、志望学部・学科への内部進学に必要な、高校での継続的な成績向上・維持が可能です。




弱点克服に適した教材選択のアドバイスしてくれますか?


弱点も克服方法も十人十色です。最近は、画像や音声による解説と「確認テストシステム」など効率をよくするための手段方法がたくさんありますが、最も大事なことはその手段方法が本人に適しているかどうかです。仙台文理では、画一的ではなく一人ひとり細目に対応しておりますので、適切なアドバイスとなります。




宿題はでますか?


学習内容の定着、成績の向上には家庭学習も不可欠ですので課題・宿題は出ます。当予備校で教えることができるのは、必要とする知識全体の数%しかできません。いわば氷山の一角でしかありません。しかも、理解するまでで本人が記憶しておかなければなりませんので、繰り返し復習することが必須です。




自習室はいつでも使えますか?


年に3回(年末年始・5月Gウィーク・お盆休み)以外は原則毎日使用できます。時間帯は8:30–20:30までです。但し、祝祭日や土・日などは、都合により早く閉館することがありますので、事前に確認して下さい。家ではなかなか集中できない時は自習室を上手く利用することができます。




先日ある予備校のテキストを見せてもらいましたが、どの大学を受験する人も同じテキストでしたが、全ての大学に通用するんでしょうか?疑問ですがどうなんでしょうか?


入試問題は大学によって独自の傾向や癖があるので、当予備校ではどの志望校に対しても同じテキストを使うということはやっていません。生徒一人ひとりの志望大学の出題傾向対策をしながら、随時適切なテキストを使っています。




数年前からある予備校で大々的にPRしているキャッチフレーズに自分のペースで始められる“○○段階個別指導”とPRしていますが、英語でも数学でもそんなに段階を分けることが可能でしょうか。


分けようと思えばできますが、ボリュームが多くなり必要のないことまでやらなくてはならなくなりますので非効率になります。




他の少人数制予備校との違いは何ですか。ポイントを教えてください。


授業とテストはセットという考え方から、テストや復習テストで記憶の定着度を確認しながら年間の授業を進めていきます。必要な場合は、同じような問題を数回講義し、改めてチェックテストを実施しながら合格点が取れるまで数回行われることもあります。少人数ですので当然、生徒の顔を見て理解しているかどうかを確認しながら授業を進め、一人ひとりの志望大学も理解した上で面倒を見られることは大きなメリットの一つです。ポイントは少人数制でも、学力別であることです。




予備校選びについて、どのようなところが自分に一番あっているかを相談したら先生は「どこの予備校も同じだ。」と言われました。そのときは納得しましたが、いまひとつスッキリしません。今年のセンターの得点は515/900点で得点率57%でした。(英数国が50%前後の得点)


初めに先生が「どこの予備校も同じ。」と言った意味は、どこの予備校にいっても勉強は自分でしなければならないので「どこの予備校も同じ。」と理解するのが自然です。

 センターで得点率60%位の生徒なら難関大学を目指してもよいと思いますが、どの予備校でも10ケ月間程度で平均偏差値10アップできれば浪人した甲斐があったと理解すべきでしょう。偏差値60以上の難関大学の場合は、今年ぎりぎりで不合格になった受験生は、頑張れば合格ラインに達するでしょう。難易度が上位の大学になればなるほど、僅差の勝負になります。





入塾・手続きについて

生徒の理解度はどのようにして確認しますか。


少人数グループ指導の利点を活かし、授業中に先生が生徒に指名して確認をしていきます。また、演習しながら各生徒のわからないところを解消していきます。小テスト、定期試験対策時の問題演習など、理解度を総合的に見ていますのでご心配はいりません。さらに理解度アップが必要な生徒は授業後に個別にフォローを行なっています。




模擬テストの成績が低くて心配です。(高校受験)


模擬テストは学校の定期テストと比べて高いレベルの問題が出ます。新みやぎ模試は公立高校入試の傾向に沿った内容ですので、本番の入試慣れにも最適です。また、生徒には二者面談にて結果を見ながらアドバイスをしていきます。




塾での様子が知りたいのですが。


必要と思われる生徒には担任が学習報告書にメッセージを添え、定期的にご家庭に送付します。また、年に定期的に保護者懇談会を実施しています。随時の面談も可能ですので、ご希望の方はご相談ください。




おとなしい子なので質問ができるか心配です。


授業中でも、先生と生徒の間で指名と回答が繰り返されます。自然と授業に慣れ、質問できるようになります。授業前後は生徒たちと楽しく話したり、生徒たちから質問攻めに合うこともよくあります。また、入学時の面談でお話しいただければ、こちらから声をかけていきます。




予習や復習をしなければいけませんか。(高校生/中学生)


学校の先取り授業を行っていますので、予習は必要ありません。 当日習った内容を宿題として復習してもらいます。間違った問題は復習ノートを作りまとめておくことを指導いたします。




部活動との両立が心配です。


ほとんどの方が部活動を行っています。週3回で5科目が学べ、時間帯も7時以降に開始しています。また、個別指導にて部活と学習の両立方法の相談を受けながら生徒に合ったカリキュラムを作ることが出来ます。




必修の授業のうち片方だけでも参加できますか。(中学生)


宮城県の入試内容から考えると数学・英語はぜひ必修でご受講ください。また、どうしても諸事情で受講できない場合は必修1教科からの受講は可能ですので、ご相談下さい。




高校生の受験対策はどうなっていますか。


今年も多くの大学合格者を出すことができました。現役合格を支えるカリキュラムは、高1からスタートします。
高1・高2では英語・数学を希望により高校別クラスで実施。高3では志望校別クラスにて指導。3年間の大学現役合格を見据えたカリキュラムで指導していきます。





受験 Q&A 現役生

生徒の理解度はどのようにして確認しますか。


少人数グループ指導の利点を活かし、授業中に先生が生徒に指名して確認をしていきます。また、演習しながら各生徒のわからないところを解消していきます。小テスト、定期試験対策時の問題演習など、理解度を総合的に見ていますのでご心配はいりません。さらに理解度アップが必要な生徒は授業後に個別にフォローを行なっています。




模擬テストの成績が低くて心配です。(高校受験)


模擬テストは学校の定期テストと比べて高いレベルの問題が出ます。新みやぎ模試は公立高校入試の傾向に沿った内容ですので、本番の入試慣れにも最適です。また、生徒には二者面談にて結果を見ながらアドバイスをしていきます。




塾での様子が知りたいのですが。


必要と思われる生徒には担任が学習報告書にメッセージを添え、定期的にご家庭に送付します。また、年に定期的に保護者懇談会を実施しています。随時の面談も可能ですので、ご希望の方はご相談ください。




おとなしい子なので質問ができるか心配です。


授業中でも、先生と生徒の間で指名と回答が繰り返されます。自然と授業に慣れ、質問できるようになります。授業前後は生徒たちと楽しく話したり、生徒たちから質問攻めに合うこともよくあります。また、入学時の面談でお話しいただければ、こちらから声をかけていきます。




予習や復習をしなければいけませんか。(高校生/中学生)


学校の先取り授業を行っていますので、予習は必要ありません。 当日習った内容を宿題として復習してもらいます。間違った問題は復習ノートを作りまとめておくことを指導いたします。




部活動との両立が心配です。


ほとんどの方が部活動を行っています。週3回で5科目が学べ、時間帯も7時以降に開始しています。また、個別指導にて部活と学習の両立方法の相談を受けながら生徒に合ったカリキュラムを作ることが出来ます。




必修の授業のうち片方だけでも参加できますか。(中学生)


宮城県の入試内容から考えると数学・英語はぜひ必修でご受講ください。また、どうしても諸事情で受講できない場合は必修1教科からの受講は可能ですので、ご相談下さい。




高校生の受験対策はどうなっていますか。


今年も多くの大学合格者を出すことができました。現役合格を支えるカリキュラムは、高1からスタートします。
高1・高2では英語・数学を希望により高校別クラスで実施。高3では志望校別クラスにて指導。3年間の大学現役合格を見据えたカリキュラムで指導していきます。