• 予備校塾 仙台文理

医学部受験 / 高校生

最終更新: 4月27日

医学部受験への戦略


医学部現役合格 現役合格のためには 出来るだけ早い時期から取り組む必要があります。

合格するためには、どの教科もまんべんなく勉強しなければなりません。モチベーションを維持するためにも切磋琢磨する環境で学習することが大切です。もちろん、取り組む姿勢は、理解を中心とした学習です。例え正解であっても、なぜ他の選択肢は不正解なのかを考えます。暗記に頼らない姿勢が考える力や柔軟な思考力を育てることに繋がります。仙台文理では、学習の成果が確実に出るように、ただ、分からない箇所の説明だけでなく、日常生活の中から勉強に必要な時間の使い方や生徒の学習法をチェックしながら指導し、合格へと導きます。

■医学部合格を確実にするには!  医学部合格のための条件で最も重要なことは、センター試験で9割の得点をあげることです。基本・基礎を疎かにせずに「知識のインプット」と「演習によるアウトプット」を繰り返し、どのような問題でも解けるような実力をつけていくことです。次に大切なことは、国公立大でも私立大でもターゲットを絞った対策をすることです。仙台文理では、合格のために万全体制で指導しておりますので安心です。 ■医学部に対応したカリキュラム教材! 非常にわかりやすい講義型の参考書を並行して進めることができるカリキュラムですので学年に関わらず無理なく取り組むことができます。当然、最難関医学部などにも対応できるカリキュラムです。学年を問わず学習の進み具合によって一人ひとり異なりますので、最終目標や学習の進度を考慮して指導します。


■個々の学力に応じた指導!  学力が順調についている生徒には応用型、遅れている生徒には基礎重視型教材を用いて指導します。入試直前期は、基礎学力が十分な生徒には実戦問題演習を中心に指導し、基礎力不足の生徒には不足分野の基礎力アップのための指導を行います。入試までの期間は、演習をより効果的なものにするため生徒の学力の状況に応じた問題や教材で指導します。仙台文理では受験生が悔いの残らないように万全な体制で受験ができるように応援しております。

医学部受験の教科の戦略

  1. 数ⅠA、ⅡB、英語基礎の習得を早期に行い、数Ⅲ、理科は基礎問題集を高校2年生終了時に習得を完了することで万全な体制とする。

  2. 高校3年生の夏休み終了時には英理数の応用問題集の習得を完了させることを目標とする。

勉強時間

 高校1年生は1週間で20時間以上、高校2年生は30時間以上、高校3年生は40時間以上確保し、休みの期間は80時間以上取るようにする。


大まかな目標

  • 高校1年生の終了時には数学ⅠA、ⅡBの基礎問題集、英単語、英文法の習得が完了している状態を目標とする。

  • 高校2年生の終了時には数学ⅠA、ⅡBの応用問題集、数Ⅲの基礎問題集、理科2教科の基礎問題集、英語長文の習得が完了している状態を目標とする。

  • 高校3年生の夏休み終了時点で数営利の応用問題集まで習得が完了し、秋以降は国社の習得と過去問演習を行える状態にしておくことが目標とする。

高校1終了時

センター試験の数英は9割得点レベルを目指す

· 数学ⅠAⅡBの基礎の理解と基礎問題精講演習問題までの修得。できれば標準問題精講の例題まで修得。

· 英語のDUO、ネクステージ、速読英単語がしっかりできている状態が最低の目標です。

高校2終了時

数学Ⅲと理科2教科の基礎の理解と基礎問題集(数Ⅲ:基礎問題精講、理科:Excel・体系物理)の修得。できるだけ数学ⅠAⅡBⅢは標準問題精講演習問題まで修得しておくことが望ましい。

高校3年生

スタート時から英数理の応用問題に取り掛かることを目標とします。



仙台文理 TOPページに戻る



52回の閲覧

©︎Sendai Bunri