勉強するに当たり最も重要な「3つの健康!」




「心と体と頭の健康」の調和が大事!


学力・能力アップには、「心と体と頭の健康」の調和した学習が不可欠です


学力を低下させるのは、頭の質が劣化し、記憶に必要な神経の断絶により、頭脳システムの働きが阻害されることなど、生体システムの働きが原因で学力劣等になりますが、その阻害要因はの4つなどである。

  1. 極度のストレス

  2. 不健全・不自然な食生活

  3. 不適切な学習や学習の努力不足・知識不足

  4. 頭や体や心のオーバーワーク

 心と体と頭と健康レベルを高め、頭脳システムが適切に働けるようにするには、阻害要因を取り除く必要があり以下の4つの要件を満たすことが必要です。  「頭の健康」のためには

  1. ストレスをため込まない(心・精神40%)

  2. 健全な食生活(食・栄養20%)

  3. 適度な運動(20%)

  4. 十分な休養(休養・睡眠20%)

 などの調和された時に、完全な「頭の健康」が実現します。  受験勉強は、人生修行の場であり人間道場です。  人として、この世に生まれてきたからには、将来、社会の一員として、いきいきと立派に輝いてやっていける人になることが親の願いです。受験生の使命は、希望とする大学等に合格することですので、最後の試験が終るまで努力を惜しまず勉強することです。 この努力を続けることで、広範な知識を基にした知力学力・考える力や柔軟な思考力・生きる力やなど、様々な能力が身につきますので人生の宝となるでしょう。  仙台文理塾では、本人の努力を最大限生かすべく常に三つの健康をバランスよく発揮できるようにすることを心がけて指導しています。

  1. 頭の健康…求められる学力

  2. 体の健康…肉体的健康

  3. 心の健康…健全な精神

 結果として、超難関大学から比較的平易な大学まで、その成果は千差万別です。  大志を抱く若者を心から応援する予備校として、古きよさを大切にしながら、時代のニーズにあったきめ細かな指導を行なっています。

閲覧数:0回0件のコメント