高卒認定試験コース

◆通信制高校と高卒認定試験の違い

「全日制高校で不登校になり、学校に通うことができない」「高校を中退したが、働きながら高卒と同等の資格を取りたい」という人には、高卒認定(高認)試験に合格するのがベストの方法といえるでしょう。

通信制高校の場合、一定の単位を取得するまでには時間もお金もかかります。高校卒業認定試験(高認)なら通信制高校とは違い、まったく高校に通わなくても、試験にさえ受かれば高卒認定(高認)をもらうことができるメリットがあります。

◆スピーディーに大学進学ができる

また、高卒認定(高認)試験なら、年に2回(8月・11月)の試験を受けて合格すれば、スピーディに大学や短大・専門学校に進学することができます。

全日制高校に通う人でも、卒業が難しい場合には、高卒認定(高認)試験を受けて大学や短大・専門学校を受験することが可能です。当校では、「高認試験」希望する受験生のために大学合格のノウハウを活かした受験指導体制で万全の体制で支援しております。

 

 

◆高卒認定(高認)試験の範囲

卒認定(高認)試験の課題は、中学生から高校1年生程度の基本的学力レベルです。きちんと勉強をしていれば、高卒認定(高認)試験に合格することは十分可能なので、安心して勉強を進めることができます。

しかも、解答形式はマークシート方式、合格ラインについては文部科学省では最低合格点は非公表としていますので過去の経験から概ね受験者の平均点、または40点以上得点できれば合格しております。


 

◆高卒認定(高認)試験でも大学の推薦は受けられる

高卒認定でも推薦を受けることはできます。

ただしすべての大学がOKというわけではないので、各大学の入試要項で推薦の有無を確認しましょう。大学によっては、高卒認定(高認)からAO入試を受けられるケースもあります。

当校の高認試験コース、仙台文理の特徴

高認試験だけなら、1∼3ヶ月間の集中学習で全員合格があたりまえ!
当校の場合、過去の受験生はほぼ1∼3ヶ月間で全員合格しております。ただし、大学受験を希望する人は、センター試験の共通テストと高認試験とではレベルが違いますので、中長期的な戦略を立てて取組むことが必要です。


1. アットホームで手作りの授業・・・
 授業は少人数グループ授業で講義形式や個別対応形式で昼間通学となります。わかり易い授業を心がけており、少人数でも開講しております。あなたとの距離も近いので、 先生やあなたの名前も
顔も直ぐに覚えアットホームな雰囲気で楽しく学べます。「手作りの授業がモットー!ですので、どの先生にも気軽に質問できます。


2. 高認試験は3ヶ月で合格
授業開始前に必ず過去問題で学力を確認します。試験結果によって、各自に合ったテキストと学習方法をアドバイスします。中には中学生の復習からや高校受験レベルから始める場合もありますが、個人指導で対応十分対応できます。
必要に応じて高校の教科書も用意しますので、毎日欠かさず勉強することが一番大切なことです。もちろん、勉強のやり方や自宅での勉強や日常生活の過ごし方、メンタル面も一人ひとりにアドバイスしております。

当予備校 塾 仙台文理では、3ヶ月で合格できるノウハウを提供しております。

©︎Sendai Bunri