仙台文理の魅力

英語が苦手な方は「仙台文理」にどうぞ!

【その1】

1  英・数は学力別少人数制クラス(15~20名)
 前期は、理解と演習中心の授業
 後期は、演習中心の授業
2「1対1の個人授業」は、「教室での授業」と「ご家庭でもできるオンライン授業」
 英数国の学力別授業と個別授業を組み合わせて学習を進めていけば、現在の偏差値に関わらず誰でも2~6倍の効果が実証されています。
※オンライン授業は「双方向授業」と「一方的授業」があります。
 

【その2】

1.指導の組合せ

 入学時の学力評価に基づき、ご両親と受講生に相談の上カリキュラムを作成します。

 学力別指導・個別指導の最適な組み合わせにより、学力の個人差やニーズにしっかり対応します。

2.学習到達度をチェック

 各種テストや個別指導により、学習の到達度を確認しながら学習を進めていきますので効率的に学習することができます。

3.課題の提出が義務

​​ 授業の理解度や小テストなどから、弱点補強のための課題を出し添削します。誤答箇所は常になぜ間違えたのかを理解することが記憶することの第一です。

4.やりっぱなしの禁止

 マーク式・記述式を問わず試験ごとに注意点を指摘します。試験が終わったらそれでおしまいの「やりっぱなし」学習を戒めて不収集の大切さも指導します。

 

【その3】

受験事情に詳しい進路担当者や担任が、勉強の仕方や生活面のカウンセリング、その他についても相談に応じています。一人ひとりの性格・学力・能力・家庭の事情に合わせ定期的に二者面談や三者面談を実施 しタイムリーな指導を心がけています。

その4

自習室の利用時間は、平日8:30‐20:30。土曜9:00-17:00。4-5月の連休・お盆休み・年末年始の数日間以外は利用可のです。(当分の間コロナの影響で日曜は休館)

 

その5

 アットホームな雰囲気ですので、どの講師も気さくに質問が分かるまで教えてくれます。

その6

3月初旬から授業開始(「春期講習会」)

手続き終了者から順次無料で受講できます。

<目的>

1.理屈抜きの暗記しなければならない基本事項の習得。

2.問題を理解し、解答を得るために必要な基本事項の習得(理解しながら記憶する)

特に、英・数・古典は学習効果の高い教科です。基礎力に不安のある人や学習不足の人にとって最良の講習です。

その7

5・6月の習得度テストと強制補習

習得度テスト・実力テスト・全国公開模試は受けることが目的ではありません。自分の弱点を知り何度も繰り返し復習することで最大の学習効果が得られます。習得度テストで基準点に満たない場合は、適宜補講を実施しております。最低点をクリアできなかった生徒は再テストを受けて頂きます。

 

その8

あなたのレベルに合った授業を進めていきます。一歩一歩、講師と共に取り組めるのは個人指導ならではの授業です。

 

その9

<時期ごとに模試の目標点・目標偏差値の提示>

1.マーク・記述模試は志望校豪華雨の羅針盤

(1)自分の学力を知ることが出来る

現時点で受験生の中で席次や偏差値を知ることで、自分の弱点や学力を知ることが出来ます。また、志望校や各科目の目標点が明確になるので勉強の励みになります。各教科・科目の弱点分野がわかれば、計画的に攻略出来ます。

(2)テストで求めていることを知ることが出来る

模試は良問がほとんどです。先ずは入試で問われる問題や重要な個所を知ることで、重点的に学習しなければならない分野が分かるようになります。

 2.模試は単なるテストと思わず、入試対策のための優れた教材

 模試のために特別な勉強は必要はありません。計画通り勉強を進めて下さい。テストが終わってからは必ず最低90点以上得点できるまで復習して下さい。復習することが次回の模擬試験対策にもなります。

その10

 1.講座授業は、主要教科の英・数・国を徹底的に鍛える授業

英数国はやることが多く、積み上げ教科です。基本的事項に漏れがあるとなかなか成果が出にくい教科です。特に現代国語は教科の要となります。

2.小論文の授業は後期から開始します。

 

 

 

©︎Sendai Bunri