• ishikawa59

学習以外の分野もサポートするから結果が出る






少々長い記事ですが、本当に自分たちに合った個別指導塾を検討する際にご参考にしてみていただければ幸いです。



この記事の想定読者様

どんな予備校に通うのが良いかの判断を決めかねている方


この記事の想定読了時間

7分


はじめに・・・


予備校 仙台文理塾の特徴は、あたかも宝石類がダイヤの輝きだけでは成り立たないのと同じように、人間も千差万別で多種多様な資質や能力(自分らしさ:アイディンティティ)を持っており、誰ひとり同じ人がいません。


将来、宝石と同じように十人十様に輝きを放つために必要な修業の場であり人間道場としての予備校です。


現代の子供達の資質を観察すると、まさに十人十色です。


予備校の授業が「金太郎あめ」を育てる ような画一的な指導(経営効率上止むを得ない部分もある)では、人によってはその持ち味を十分に活かされない授業となります。

 人として、この世に生まれてきたからには、社会の一員としていきいきと輝いて立派にやっていける人になることが人としての役目であり、受験生の使命です。


大多数の親の願いでもあります。将来にわたり生きる力を磨くためにも、全員の合格をさせることが予備校として社会に貢献するひとつのあり方であります。



予備校 仙台文理塾が考える教育の原点は、生徒一人ひとりの学力や性格、個別の事情にあった指導を心がけ、その子の持ち味を最大限発揮させることで学力・能力を育て、志望の大学に合格させることです。いわば「人を活かす指導」を心がけ、将来は立派な社会人として世の中の役に立つ人材としての基礎固めをすることが使命です。


予備校 仙台文理塾では、予備校として本人の努力を最大限生かすべく常に三つの健康「頭の健康」「体の健康」「心の健康」をバランスよく発揮できるようにすることを心がけて指導しており、結果として、超難関大学は勿論の平易な大学まで予備校としての成果は千差万別です。



講師陣においても、専門知識や指導経験はもとより幅広い教養や人間性を備えた講師ですが、同時に自由でかつ個性的で魅力的な予備校講師陣ばかりです。が、何よりも情熱を持って“一人ひとり”に丁寧に対応しています。



また、予備校講師は生徒に雇われているという認識のもと、学歴・年齢にも過去のキャリアにも左右されず、真に生徒たちの信認を得ている実力者(生徒に支持されている)です。講師は健康でいる限り年齢に左右されずに現役で予備校の講師として活躍できることも特徴です。


一人ひとりに丁寧に対応します


予備校 仙台文理塾では一人ひとりの受験の状況をできるだけ詳しく把握するために、また、学習環境・システムを十分理解してもらうことで、目的達成に全力投球できるようにするために、予備校入学時には三者面談が必須です。



十分に方針や指導内容を理解されたご両親や受験生のみが入学できるシステムです。合格させるための必要条件をクリアさせるために、予備校として「必要な時」に「必要な分量だけ」を「適切な手段・方法」を考え指導し、「志望の学校」に合格させています。



学習以外の「健康」「ホリスティック」なども考慮して指導する


 予備校の使命は、受験生の学力アップであり成績アップさせるための授業・指導システムですが、近年社会の価値観が多様化し、社会の仕組みも複雑化、さらに核家族化や少子化などにより、従来のような画一的な指導方法では、目的を達成させることができない受験生も多くおります。


従って、従来の手法だけでは、思うような成果が得られない受験生のための予備校も必要と考えております。西洋医学のような対処療法(学力アップのみに注目)だけでは、解決せず思うような成果が得られない受験生を予備校としてどのように指導したら、成果が得られるのか。


諸条件が複雑に絡み合っており、学力・能力アップにおける「ホリスティック」という考え方が不可欠となっており、「3つの健康」のバランスについても十分考慮することも求められる条件の一つです。


健康(health)という言葉自体はもともと『全体』という考えに根ざしており「ホリスティック」という言葉は、「全体」「関連」「つながり」「バランス」といった意味をすべて包含した言葉として解釈されています。


学習において、より積極的で健康な状態は『心と身体と頭脳がほどよく調和し、与えられている条件において最良の学習の質を得ている状態 』と考えるならば、学力を低下させるのは、頭の質が劣化し、記憶に必要な神経の断絶により、頭脳システムの働きが阻害されることが原因で学力劣等になります。


「極度のストレス」「不健全・不自然な食生活」「不適切な学習や努力不足・知識不足」「頭や体や心のオーバーワーク」などの阻害要因を取り除くことができれば、頭の健康レベルを高め、頭脳システムが適切に働けるようになります。


受験に最も必要とされる記憶力は、記憶のインプット(入れ方の善し悪し)と記憶のアウトプットで決まり、頭の良し悪しには、「集中力・自信の有無」「好奇心の有無」「要領の良し悪し」の違いなどによっても差が起ります。


なによりも何事にも自信を持って取組むことが大切です。脳の働きを活発にするメカニズムや体と脳の関係からも学習能率をグーンとアップさせます。


逆に、自信をなくすと、記憶力・思考力など脳の活動が抑制され、結果として記憶力が低下することが証明されています。加えて、記憶力をよりアップさせるには、関連事項や因果関係、全体の流れや展開などの周辺部分を大きく取り込んで、物事の本質を理解することが大切です。



13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示