• ishikawa59

大学入試共通テスト対策

共通テストで高得点を取るには?





共通テストとセンター試験の違い

  1. 英語のリスニングの配点が100点、リーディング100点に変更

  2. より思考力・判断力・表現力が重視される  共通テストでは、ポスターや会話文、表など、資料や図表から読み取る問題が増える。エッセーなどと詩の複合形式の出題などセンター試験よりも様々な材料を基に考える問題が増える。また、授業の中で学習する場面や資料データなどを基に考察する場面等が登場します。ズ・表・会話文などの様々な材料や身近な様々な場面設定を基に思考力・判断力・表現力を問う出題される。

  3. 私大の一般入試で導入される大学  一般選抜で必須になる大学もある   早稲田大…政治経済学部⋅スポーツ科学部⋅国際教養学部の一般選抜で、共通テストを導入予定   青山学院大…経済学部以外の全ての学部で、共通テストを導入予定


共通テスト対策は?

  1. 指導開始前の面談で「何が足りないのか」「どこが苦手なのか」を見抜きます。  模試やテストの結果をご持参ください。制s気が伸びない原因を分析します。志望校合格に最適な対策を提案します。 「なぜなかなか成績が伸びないのか」「合区するにはどのような勉強をすればいいのか」を分かっていないことがほとんどです。 志望校合格までに足りない部分を細かくあ分析します。

  2. 志望校合格のための最短の指導計画を考えます。 英語の例…理解度や進み具合によって、臨機応変に計画を調整していきます。 例:単語…これができれば何をして遊んでもOK!です。

  3. 基礎の抜け落ちや弱点を見抜き、最短で克服します。  何故間違うのか原因がわからずに「勉強しているのに伸びない…」という状況に悩んでいます センター試験の出題構成… 筆記(発音⋅アクセント⋅文法・リスニング・長文読解)200点+リスニング50点でしたが… ⇒共通テストででは、リーディング(長文読解)100点+リスニング100点 となり、計200点満点となります。

  4. 指導がない日も宿題として指示・管理します。勉強にやり方を教えます。  勉強時間も大切ですが、勉強のやり方がより重要です。成績が伸び悩んでいる受験生はほとんどは、正しいやり方がわかっていません。あたらしい入試のないように応じた対策が必要ですが、受験生が自力で考えて行うには限界があります。

  5. 共通テストの傾向にに合わせた対策を行います。  プレテストの出題傾向を分析し、傾向に沿って出やすいところから一人ひとり対策をすることが合格への近道です。

  6. 志望校対策も徹底的に行います。  大学・学部によっても、科目・量・出題形式・出やすい問題など入試傾向は大きく異なりますので、早くから入試傾向を意識した受験勉強を行うことが合格への近道です。






仙台文理の個別指導の特徴

  1. 大学受験専門のプロ講師が、あなたの学力・性格に合わせた指導を行います。

  2. 志望大学・学部の受験に必要な基礎。苦手科目を解消します。

  3. 本番に間に合うよう、効率の良い学習計画を立てます。

  4. 共通テスト対策も科目別に行います。

  5. 英語外部テストが必要な場合、各テストの傾向に合わせて対策します。

  6. 推薦・AO入試に向けて定期テストのフォローや志願書、小論文などの対策も致します。

  7. 合格圏外の偏差値からでも、志望校の入試本番で点が取れる勉強方法を教えます。


大学入試共通テスト必勝法

  1. 文法力をしっかり身につける

  2. 文法単独の問題が出ませんが、リーディングに文法は欠かせません。

  3. リスニングの問題では「文法をしっかり理解していないと解けない」


  1. リスニング対策はリーディングから リスニングのベースになるのが、単語・文法・英文解釈・長文読解。  聞けないのではなく、もともと「読めない」(読めないものは聞き取れない) ⇒「リーディングとリスニング」をしっかりやればよい。

  2. リスニング特有表現を覚える リスニング問題には見取り図や地図(『位置関係』)が良く出題されので、初めから位置関係を表す表現を頭に入れておく。



今後の対策

位置関係や天気の表現をマスターする

›位置関係の表現

イラスト問題では、「位置関係」を表す表現が非常によく使われます(今回も問1・問2でポイントになっています)。聴き取り自体はそれほど難しくはありません。ですが一瞬でイメージできなければなりません。例えば、aboveは「上」とわかっていても、A above B「Bの上にA」となると、「AとBのどちらが上なのか」混乱することがあります。位置関係をイメージしながら、まとめてチェックしていきます。

  1. 本当の発音「弱形」を押さえる!問題演習は最後でOK! リスニング問題を聞き取るためには、本当の発音をマスターするしかありません。 本当の発音をマスターしておかないと、リスニング力はアップしません。 先ずは、読めるようにする。表現を覚える、音の仕込みをするのはその後です。たくさん音声を聞いて耳を名足すと いう練習は、無駄が多く効率が悪いので、リスニング対策は、先ずリーディングをしっかり勉強します。

›弱形をマスターする

第1問B・問1では、fromの「弱形」がポイントです。第1問に限らず「弱形」はリスニングの最重要事項ですが、ほとんどの受験生が見落としています。例えば、今までofのような単語は「弱く軽く発音される」と言われてきまたが、説明が適切ではありません。「弱く」と言われたら、小声で、急いで「オヴ」と発音されると誤解されます。実際は最初から「オヴ」なんて発音していないことがよくあります。ofの「普段の発音」は「ァヴ」、さらに「ァ」や「ヴ」になることもあります。「弱形」を持つ単語は中1レベルの単語ばかりですので、ちょっと頑張ればあっさりマスターできます。「弱形」をマスターすることで、リスニングの世界が変わります。実際に問題を解いていく中で「弱形」と思われる単語が出てきたら、その度に確認してマスターしていきましょう。


  1. リーディング対策は、スピードよりも正確さ! ⇒リーディング対策

  2. 単語を覚える

  3. 文法の問題集を解いて、文法をマスタする

  4. 次に、英文解釈をしっかりやる 英文を一文一文解析しないと長文は読めない…S・V、どれが形容詞の塊りで名詞を修飾しているか

  5. 英文解釈の次は、沢山の長文を読み、量をこなしていく (リスニングと同じで、ひたすら長文を読むのではなく、文法と英文解釈の理論を踏まえることが大切)

  6. スピードを気にするのは高校3年生の秋からでも大丈夫なので、時間よりも正答率の高さを意識する   高校3年生の秋までは、『正しく読める』ことを重視し、その後3カ月以上かけて長文を読む量をこなし、スピードを磨いていけばいいのです。


  1. 先ずは、好きな参考書1冊や問題集1冊で勉強する 参考書綾問題集から得るのもがないと思ったら、次の本にいき、量を増やしていった人が一番強い。ただし、おススメ参考書ランキングに入っている本が必ずしも自分に合うとは限りませんので、『これだ!』と思える日\本を探せばいいのです。

  2. 高校3年生になったらプレテストを必ず受けてみる。 共通テストの対策の手順は…

  3. プレテストは絶対解いてみる

  4. 2020年1月のセンター試験2回分

  5. 予想問題

♦高2年生で解いてみて、実力が無くて解けないのか、共通テスト独特の問題だから解けないのか、分からないので対策や解決方法はわかりません。単語力不足なのか、単語力があっても解けないなら別の対策が必要となります。




学習法と学習の効果 親身な学習指導・集団・個別指導で万全! 授業後のアドバイスの時間で思考力・判断力・表現力を鍛える 日々の受講 「予習」⇒「受講」⇒「チェックテスト」⇒「アドバイスタイム」⇒「復習」 「わからない」を解決し、着実に学習を進める

講座のまとめ 「習得度テスト」⇒「アドバイスタイム」⇒「復習」 学力を定着させる アドバイス

  • 予習・受講の質を向上させることが目標

  • 講座は学んだ内容をアウトプット。アドバイザーが質問、生徒が自分の言葉で説明することで理解につなげる。

  • 受講で解決できなかった不明点を、生徒が自ら考えることで解決。

その他、“わからない”を残さない「学習PDCAサイクル」や学習効果をチェックしてから進む「習得度テスト」などを通して、 さまざまな角度から親身に学習を指導。自立した学習

姿勢を育み、合格へと導く。



学習上の「累乗の効果」



総合的に成績が振るわない場合やなかなか思うように成績が上がらない場合がありますが、その場合は、まず超得意分野を作ることです。NO1の分野があると学習の転移作用により「1ヵ月で90%得点達成!」や「3ヶ月間で目標達成!」という事例が起こります。

  1. 指導方法※過去問題や実力テストで講義か個人指導かに加え、面談で相談の上判断します。  独学で学習した場合と比べて、きちんとした講師のレッスンを週2回程度受けた場合の実力アップ率を比較すると、現れる結果は2∼3倍の違いが出ると言われています。

クラス編成は2段階で講座形式

  1. クラス対象者:英検3・準2級を目指す人のクラス

  2. クラス対象者:英検2級を目指す人のクラス


個人指導

  1. 基本から学びなおしたい人

  2. 弱点を克服したいがなかなか克服できない人

  3. 短期間で合格を目指す人

  4. 準1級以上を目指している人

が対象で、講師と生徒の都合を調整してどちらも都合のよい日時を設定します。


授業の進め方と担当講師 

何事であれ、何かを身につけようとした時は、まず「どんな力をつけたくて、そのためにどう鍛えるか?」を考えて、必要なトレーニングメニューを組み、練習時間も生活サイクルの中で調整し続けるために工夫します。  勉強は「こうすべき」という決まりはなく、目的も上達も一人ひとり異なります。

  1. 講師⇒生徒の一方的な講義形式ではなく、総合力がつく双方向参加型ので進められますので、基礎力から応用力を養成できます。

  2. 試験の経験をもとにプロの視点から、間違いやすいミスも担任講師が丁寧にフォローします。

  3. 実戦形式のカリキュラムで問題を把握し、時間内に効率よく問題を解くテクニックを身につけます。



7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示