top of page
  • ishikawa59

受験に欠かせない、ど忘れ防止法





「忘れない脳」に限りなく近づく


方法は・・・勉強したら寝るのがベスト

忘却の「干渉理論」人間は同時に2つのことを考えることができない。大切なAに集中していても、それ以上に強烈なBが出てくる(干渉する)と、意識はBに行ってしまい、Aはかき消されてしまうこと。


  • 勉強後は、サット寝る 勉強も同じで、せっかく学んだ知識も直後に他の情報に干渉されると消されてしまうので、夜勉強した後は、できるだけ余計なことはしないで、さっさと寝るに限る。「ど忘れ」も、勉強後の睡眠で、かなり防げる。  脳は、記憶の倉庫で、記憶を出し入れする管制塔は、脳の前頭葉なので、前頭葉がうまく働かない時に、「ど忘れ」が起こる。勉強後に別の刺激が入ると、前頭葉は、情報を整理したり管理したり出来なくなる。 未整理の記憶は定着しないので、勉強の後は静かに休みことが大事である。

  • 冷静になる  脳は同時に2つのことを考えられないので、自分のとってより重要なことを選択し、それを考えようとする。 従って、思い出そうとしても、危険にさらされていたり、何か心に引っかかることがあったり、緊張していたり慌てていたりすると、どうしてもそちらの解決を優先するので、記憶倉庫にある知識を取り出せなくなってしまうので、冷静さを取り戻せば、「ど忘れ」はかなり防げる。


「貼り付け法」の驚くべき効果

「基礎結合法」or「基礎貼りつけ法」覚える時に必ず、身近なもの、よく知っているものに結び付けたり、記憶を貼り付けたりして関連づける。自分がよく知っているものが、「記憶の呼び水」となる。

何と何を関連づけるか


  • 数字の形から連想したものに置き換えて覚える方法

  • 漢字の世界でもある

  • 数字の公式を覚える

  • 英熟語などは、何かのイメージに貼り付ける(貼り付けづらい時は、スパッとあきらめて他の方法を使う)


「記憶の呼び水」で周辺を満たす

イメージを貼り付ける身近な対象を見つける。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page