• ishikawa59

受験に大切な理解力をアップする具体的な方法について




理解できない原因と理由について

何かを理解するとは、その何かが別のものとどう繋がっているかを知ることで、ある情報を与えられてもうまく理解できないケースは、「情報が孤立」指定まっているからです。

ある情報が与えられっ時には、それを解析する手がかりなる情報が必要です。用語の意味が理解できず、具体的なイメージや概念を頭に作ることができないからです。

子供は多くのことを理解できません。これは子供が「頭が悪く、頭の回転が遅く、理解力が乏しい」からではない。子供には圧倒的に情報が不足しているからです。だから物事と物事の関わりを頭でうまく処理することが できない。逆に、物事を理解するための適切な情報が与えられていれば、誰でも「理解力がある人」になれるのです。



必要な情報と、それを繋げる力

「理解力のある人」になるために必要な「適切な情報」2つとは?

  1. 記号的情報…主に学校教育で培われる明確で客観的情報は、別の明確で客観的な情報と簡単に結びつく。

  2. 感情的な情報…経験的、主観的情報で誰にでも興津するものではなく、理解の度合いも異なる。

記号的な情報、感情的な情報、そして因果関係を察知する力が理解力の肝心な部分である。



記憶力を高める、物覚えをよくする

記憶力と理解力はイコールではないが、単純な記憶は理解の源泉で、頭に入っている情報が多ければ多いほど、もっと多くのことを理解できるようになる。



新しい体験を求める

感情的情報は諸々の人間の感情を実際に体験してこそ手に入れることができるので、常に新しい体験を求め、新しい出会い、新しいモノに触れていかねばならない。 毛色の違う情報に触れて、自分の世界を広げていくことが、現実を読み取る力をつけてくれるので、新しいことにチャレンジするような習慣がある、自分の好奇心を大切にする人は、世界の中での物事の繋がり方をどんどん理解して頭のいい人になっていく。


小説を読む、日記を書く

物事の因果関係を理解する力を鍛えてくれる。物語は因果関係の集合体のようなものだ。小説内の記述は、みな他の記述との間に関連があるものばかりだ。 小説を読むのは、情報と情報の繋がりを頭に構築していく絶好の訓練になる。 日記も過去について、AでBだからCになったという理解を繰り返すことで、理解力は確実に高まる。


少し地味だと感じましたか?継続は力ですが、習慣はもっと大きな力です。どうやって理解力を個人的に上げるか?このことについても、ご相談をお受けしております(^^)

2回の閲覧0件のコメント